Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

冬の匂い

 

気付けばもう12月。

鈴虫の音が消えて百舌鳥の音に切り替わり、街道の並木の葉っぱが閑散となり、空気がキリっとして、冬の匂いが混じり。こんな自然のサイクルはもう何万年繰り返されてきたのでしょう。電車の中に漂う空気や音さえ、冬仕様になるのが面白いところです。

さて、先週末は街道沿いの銀杏が満開で奇麗だったので、自転車で銀杏の下を走って黄色の世界を堪能してきました。ちょうど銀杏祭りなるものがやっていて、広い歩道に野菜や食器の出店や、一体何処かに欲しがる人が居るのか不明な趣深い品々のガレージセール等がずらーっと並んでおり。こういう、即席の個人商店のようなものには目がないので、思いがけず大ハッスルでした。銀杏の黄色と、人々の活気にパワーをもらった週末でした。

 

興奮さめやらずにこの日獲得したものを収めましたのでお披露目致します。各200円。総額800円でこんなにどっさり。大満足です。

・ゆず:7つ。お風呂に入れてゆず湯になります。

・銀杏:臭いですね。この一粒に一つの銀杏の木に成長するパワーの源があるのか。お腹の中に沢山の銀杏の木・・。いただきます。

・梅干し:農家のおばあさんの手作りのシンプルな塩梅干し。梅醤番茶で毎日飲む用です。

・檜チップ:浄化用に諸々活用。靴の中に入れて消臭も。どの木が檜か、実は今まで自分の判断にちょっと不安があったので、この機会にこれを売っていた木こりのおじさんに質問。私が檜と思っていた檜が檜だったようです。(何のこっちゃ)

合ってて良かった。

 

f:id:morinohitohealing:20151206231922j:plain

自然の恵みたち

 

f:id:morinohitohealing:20151207012241j:plain

f:id:morinohitohealing:20151207012254j:plain

Remove all ads