Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Sound of Music

 

先日TVでSound of Musicを見ました。

第二次世界大戦の始まる直前のオーストリアの物語。ミュージカルには全く興味がなく、そんなつもりは無かったのだけど何故か最後まで見てしまいました。昔の、未だ子供達が素直に親に敬意と恐れを抱き、言う事に忠実に従い、生まれた時に既に身の回りにあるものや人の輪の中で送るような、素朴な生活様式を垣間見るのが心地よかったのかもしれません。

社会が国際化、複雑化した現代の生活にはないシンプルさを見て何故かリフレッシュしました。人間の生活の基本形(恐らく)を見て何かがリセットされたのかもしれません。

ところで、ミュージカルの終わりの方の場面で、失恋して落ち込んで途方に暮れている娘に母親がアドバイスするところがあるのですが、そこで流れてきた曲で、

“全ての山を登り、

全ての川を渡り、

全ての虹を追いなさい。

あなたの夢を見つけるまで

あなたの生涯に渡り心を込められる夢を見つけるまで”

と言っていました。"Climb Every Mountain"という歌なのですが・・、正にその通り!ほんと、これぞ人生。これをするために皆生まれてきているんじゃないかな・・という程共感します。

私自身がこれまでの人生を送ってきたエネルギーの源と、理由なくも楽観的で在る理由は正にこの感覚(特に夢を追っているわけではないのですけども・・。何を目指して山や川や虹等々を追いかけているか分からないですが、原動力は正にこれ。・・単に干支のせい?!)。たったこれだけの言葉ですが、上手く表現して見せてもらった感じがします。

歌詞ではありますが、心が通じる友達を発見したような感じ。思わぬところでリフレッシュしました。ミュージカル、侮れないです。

Remove all ads